社内組織が整っているベンチャー企業ランキング

昨今、「働き方改革」として様々な取り組みが日本でも行われています。

そして、働き方改革とセットで出てくると言っても過言ではないのが“HR”というキーワードです。

今回は、HRに注目してベンチャー企業を見抜くJudge100成長の法則をお伝えするとともに

*社内組織が整っているベンチャー企業直近調達日の早い順にランキング形式でご紹介します。

(*具体的に、設立2〜3年で1億以上の調達を完了し社内にHR部門があるベンチャー企業を扱います)

 

 

 

1. 社内にHR部門があること

 

今回は“設立2〜3年で1億以上の調達を完了し社内にHR部門がある”ベンチャー企業の成長の法則をご紹介していきたいと思います。

 

ちょっと待て。そもそもHRって何?

 

HRとは、Human Resourcesの略称で
人間を単なるWork Force(労働力)という視点ではなく会社が持つ“資源”であるという考え方をし、
「人的資源」に焦点を当てる専門部門です。日本で言えば、人事部に近いものです。

 

ベンチャー企業のみならず、会社が大きく成長するためにはヒトが重要です。

 

どんなヒトがCEOとなり会社を引っ張っていくのか、どんなヒトが会社を支えるために業務を遂行していくのか

そして、ヒトを雇うには目利きが必要です。その役割を担うのがHRの仕事です。

 

つまり、HRという部門は会社にとって最重要とも言える部門です!

 

2.  Judge100成長の法則
「設立2〜3年で1億以上の調達、社内にHR部門あり」

 

どうして「設立2〜3年で1億以上の調達を完了し、社内にHR部門がある」ベンチャー企業は成長見込みがあると言えるのでしょうか。

それは、

設立当初から地道に社内組織を構築していたCEOの用意周到さ

早い段階から資金調達による採用計画を持っている

ということが読み取れます。

 

設立間もないベンチャー企業はやらなければならないことが沢山あります。

プロダクト・サービスの開発や運営、動作しなくなったときの修正・再構築、顧客への広報・サービス普及活動、新規クライアントの獲得、契約関連や法務、経理をまとめたり…

多くの仕事があるため、ベンチャー設立当初はなかなかHRという部門を設置せず、社内全体で右往左往しながら人事活動を行っている状態です。

 

そんな中、HR部門を設置し運営できているベンチャー企業は“成長が期待できる”と言っても過言ではないでしょう。

 

 

3.  社内組織が整っているベンチャー企業ランキング

 

それでは、*社内組織が整っているベンチャー企業直近調達日の早い順にランキング形式でご紹介します。

(*具体的に、設立2〜3年で1億以上の調達を完了し社内にHR部門があるベンチャー企業を扱います)