売上が立っている成長ベンチャー企業について


成長企業ランキングとは?
ベンチャーキャピタル(VC)の100個の視点で成長するベンチャー企業を見抜く方法=「Judge100成長の法則」をもとに、成長するベンチャー企業をランキング形式で紹介!成長するベンチャー企業を知りたいあなたにおススメ!

 



今回は「設立から“自己資金だけ”で経営し続けてきた可能性が高い」ことに注目してベンチャー企業を見抜くJudge100成長の法則をお伝えするとともに

売上が立っているベンチャー企業会社設立時の資本金が1000万前後で、社員は10人程度、設立から5年以上先で初めて資金調達を行ったベンチャー企業を取り上げていきます。

 

 

1. 資金調達?自己資金による運営?

 

どうして「会社設立時の資本金が1000万前後で、社員は10人程度、設立から5年以上先で初めて資金調達を行ったベンチャー企業」が、成長する企業だと判断できるのでしょうか?

少し考えてみましょう。

 

ベンチャーA社があったとします。(A社:資本金1000万、従業員10人)

A者の従業員の年収を300万と仮定します。会社設立1年くらいはCEO一人で従業員は0人。2年目に2人雇い、3年目に3人、4年目に4人雇って行ったとします。手元に1000万しかなかった時どうなるでしょうか?
1年目:CEOのみ、自分に給料は出さなかった
2年目:CEOも従業員2人も同じ年収を受け取る→(300万×3人=)900万がなくなる
3年目:CEOと従業員5人も同じ年収を受け取る→(300万×6人=)1800万…( ゚д゚)
早3年目にしてお金が足りません!赤字です!

そうです。従業員を雇うということは、給料が発生します。そして手元のお金は減っていきます。

では、なぜ5年後まで資金調達、つまり外部資金を投入することなくA社は存続できていたのでしょうか?
それは、自社でお金を稼いでいた可能性が高いからです。

A社は自分たちの会社のプロダクトやサービスを売り、利益を得て、きちんと会社経営ができていた可能性が高いということです。

 

2. Judge100成長の法則
「設立時の資本金1000万前後/社員は10人程度/設立から5年以上先で初めて資金調達を行った」ベンチャー企業

 

A社のように、「会社設立時の資本金が1000万前後で、社員は10人程度、設立から5年以上先で初めて資金調達を行ったベンチャー企業」が成長見込みのある企業だと判断できるのは

・調達までの5年間は資本金+サービス利益で会社を回していた=黒字経営

・サービスによる生存能力が高く(=サービスの価値が高い)、CEOの経営能力も高い

ということがわかるからです。

 

起業してから数年間、資金調達を行わず経営してきた手腕の持ち主であるCEOがいるベンチャー企業を想像してください。

利益を大幅に出し、従業員を雇えるだけの価値あるサービスを展開しているベンチャー企業に新たにお金を出資したらどうなるでしょうか?

「絶対これからもっと成長するでしょ」と思いませんか?

 

3.売上が立っている成長ベンチャー企業紹介

 

それでは、売上が立っているベンチャー企業会社設立時の資本金が1000万前後で、社員は10人程度、設立から5年以上先で初めて資金調達を行ったベンチャー企業を紹介していきます。