上場視座の高い設立間もないベンチャー企業ランキング


成長企業ランキングとは?
ベンチャーキャピタル(VC)の100個の視点で成長するベンチャー企業を見抜く方法=「Judge100成長の法則」をもとに、成長するベンチャー企業をランキング形式で紹介!成長するベンチャー企業を知りたいあなたにおススメ!

 

以前、上場経験のある“CFO”がいるベンチャー企業のランキングをご紹介しました!

今回も、“CFO”に注目してベンチャー企業を見抜くJudge100成長の法則をお伝えするとともに

上場視座の高い設立間もないベンチャー企業直近調達日の早い順にランキング形式でご紹介します。

 

エブセレ運営者/代表
VCとスタートアップのことをひたすら調べてまとめることが好き。
「成長企業ランキング」を書いている。
スタートアップ界隈で起きたニュースに関してやVCのことへの考察などを書いたnoteはこちら

 

 

1. CFOと初期ラウンドと成長するスタートアップ

 

上場経験のある“CFO”がいるベンチャー企業でもお伝えした通り、

CFOとは「企業のファイナンス戦略の立案・執行に責任を有するトップマネジメント担当者」のことを指します。

そして、ベンチャー企業を始め企業が上場するためには欠かせない人材となります。

ベンチャー企業のExitの一つでもある上場に欠かせないCFOが初期ラウンド(シード/シリーズA)の段階でいることと
成長するベンチャー企業のJudge100成長の法則とどのような関係性があるのか、さっそく本題に入りたいと思います。

 

2. Judge100成長するの法則
初期ラウンド(シード/アーリー)にCFOがいる

 

どうして「初期ラウンド(シード/アーリー)にCFOがいる」ベンチャー企業は成長する企業と見抜くことができるのか。

 

それは、ズバリ

CEOが早いうちから上場を視野に入れて、事業に取り組んでいる

ということが読み取れるからです。

 

とても単純なことかもしれませんが、
そもそも初期段階の資金があまりない状態で従業員、特に役員クラスの人材を雇うというのは中々できません。

そんな中、会社にとって重要な存在であるCFOを早いうちから社内に雇用しているということは、それだけCEOの“本気度がわかるのです!

「上場するぞ!」というベンチャー企業にとっても大きな目標を初期のうちから掲げているCEOがいるベンチャー企業で働く方が、楽しそうな気はしませんか?

 

 

3. 上場視座の高い設立間もないベンチャー企業ランキング

 

それでは、上場視座の高い設立間もないベンチャー企業を直近調達日の早い順にランキングで見ていきましょう!