エンジニア比率の高いベンチャー企業ランキング

今回は、エンジニアに注目してJudge100成長の法則をお伝えするとともに

エンジニア比率の高いベンチャー企業直近の資金調達額が多い順にランキング形式でご紹介します。

 

 

 

1. Judge100成長の法則
「社内エンジニア比率が高い」ベンチャー企業

 

「社内エンジニア比率が高い」という基準から成長する見込みがあるベンチャー企業と言えるのはなぜ?

 

「社内エンジニア比率が高い」ベンチャー企業は

会社の口コミが高い

サービスローンチのスピード高い

受託開発などエンジニアの力を使った稼ぎ柱の確保

エンジニア働きやすい環境

ということが読み取れます。

エンジニアの数が多いと開発スピードも加速し、サービス展開が早くなります。
そして、資金ショート(資金が底をつきること)の可能性も低くなります。

 

2. 「社内エンジニア比率が高い」ベンチャー企業は?

 

それでは、エンジニア比率の高いベンチャー企業直近の資金調達額が多い順にランキング形式でご紹介します。

 

1位:GROOVE X株式会社 2016年10月4日    11億

GROOVE X株式会社

2017年10月12日

 

2位:Rapyuta Robotics 株式会社 2018年7月30日  10.5億円

Rapyuta Robotics 株式会社

2017年10月13日