若手起業家かつ設立3年以内のアーリーベンチャー企業ってあるの?

今回は、起業家の“若さ”と社員数・設立年数に注目してベンチャー企業を見抜くJudge100成長の法則をお伝えするとともに

若手起業家かつ設立3年以内のアーリーベンチャー企業をご紹介します。

 

25歳以下の起業家、従業員15人以上、設立2〜3年」という基準から成長する見込みがあるベンチャー企業と言えるのはなぜ?

 

通常、大学を4年間通ったとすると卒業時は22歳です。
そして、25歳以下の起業家ということは「大学時代に起業したor卒業してすぐに起業した人」ということになります。

社会人経験が少ない中で、会社を立ち上げさらには従業員も雇用している
若き敏腕CEOが率いるベンチャー企業は成長する可能性をとても秘めています。

 

 

Judge100成長の法則
25歳以下の若手起業家かつ社員15人以上で設立3年以内

 

「25歳以下の若手起業家かつ社員15人以上で設立3年以内」のベンチャー企業は

・CEOが魅力的、統括力がある

・人材採用が強い

・自社サービスでの売上が多い

ということが言えます。

 

CEOの統括力・経営者としての力、そして人員が多いこともあり、

複数事業の展開が可能であり、事業拡大のスピードが他社と比べて速い

という見込みがあります。

 

若手起業家かつ設立3年以内のアーリーベンチャー企業

 

それでは、若手起業家かつ設立3年以内のアーリーベンチャー企業をご紹介していきます!