同じVCに続けて出資を受けてる信頼度の高いベンチャー企業ランキング


成長企業ランキングとは?
ベンチャーキャピタル(VC)の100個の視点で成長するベンチャー企業を見抜く方法=「Judge100成長の法則」をもとに、成長するベンチャー企業をランキング形式で紹介!成長するベンチャー企業を知りたいあなたにおススメ!

 



資金調達のニュースを読んでいると、こんな文章をみたことがありませんか?

今回のラウンドは〇〇投資事業組合と既存株主である△△投資事業組合が出資しました

ベンチャーキャピタル(VC)は同じスタートアップに何度出資しても良いのです。

ベンチャーキャピタル(VC)がスタートアップに資金調達することを、別の言葉で「ラウンドに参加する」とも言います。
(そのラウンドにお金を渡す投資係として参加する、という理解で良いと思います)

ある男性が、好きな女性に何度も告白する!に似ていますね。(似ていますか?)

ラウンドに参加する回数に制限はなく、参加したいと思う限り参加は可能です。
既存株主という表記は「前回のラウンドにも参加していて、今回も参加している」という意味です。

しかし、

どうしてベンチャーキャピタル(VC)が同じベンチャー企業に何度も出資するのでしょうか?

 

今回は“前回も今回もラウンドに参加しているベンチャーキャピタル”に注目してベンチャー企業を見抜くJudge100成長の法則をお伝えするとともに

同じVCに続けて出資を受けてる信頼度の高いベンチャー企業を、ラウンドに入っているVCの数が多い順にランキング形式でご紹介します。

*とにかくランキングが見たいんだ!という方は目次から「同じVCに続けて出資を受けてる信頼度の高いベンチャー企業ランキング」に飛んでみてください。

 

 

1. 用語説明「ラウンド」

 

「ラウンド」とはなに?
ボクシングの試合で1R、2Rという表記を見たことがあると思います。ボクシングの試合も、第一ラウンド・第二ラウンド…と続いていくのですが、その「ラウンド(R)」です。

資金調達もラウンドごとに進めていくのですが、資金調達のラウンドは大きく分けて4つあります。

 

シードラウンド

シードの段階で資金調達を行うことを示します。シードの段階のスタートアップは従業員数も少なく、プロダクトやサービスもリリース前、あるいはリリースはしたけどβ版ですという状態がほとんどです。ざっくり“初期段階”と理解しておけば良いでしょう。

シリーズAラウンド

シリーズAになると、従業員も少し増えて、プロダクトやサービスも形を成しており、これから実際にプロダクトやサービスを拡大させていこうか!という段階です。

シリーズBラウンド

シリーズBになるとユーザー数も多く、ある程度ビジネスが回り出していて、ちょっと他のこともしてみようか?という段階になります。

シリーズCラウンド

このラウンドは最終段階で、上場前という大手企業並みの事業力・資金力・組織力を兼ね備えた企業が多い段階です。

 

 

「前回のラウンドも今回のラウンドも参加している」というのは

“かわいい我が子を育てる”という感覚に近いのかもしれませんね。

つまり、一度出資したスタートアップのこれからの成長可能性を感じて、成長を応援して再度出資する気持ちが含まれています。

 

2. Judge100成長の法則
同じベンチャーキャピタルが前回も今回もラウンドに参加している

 

なぜ、「同じベンチャーキャピタル(VC)が前回のラウンドも今回のラウンドも参加している」スタートアップに注目することが、

成長見込みがある“成長企業”だと見抜く基準になるのでしょうか?

 

それは、同じスタートアップに続けてラウンドに参加することは

・ベンチャーキャピタルが「このスタートアップはこれからもっと成長する」と目利きしている

・これからもっと成長する=「サービスの価値が高い」「売上が伸びる」「Exitできる可能性が高い」と判断した。だから、続けてラウンドに参加し出資を行った

ということが読み取れます。

 

スタートアップの可能性を信じて付いてきてくれる人間が多いのは、そのスタートアップへの愛も強い人が集まっている証拠です。

また、そのような恵まれた環境でビジネスをできるスタートアップの方が成長スピードは格段に速いです!

つまり、同じベンチャーキャピタル(VC)が同じスタートアップに複数回出資するというのは、それだけ魅力のあるスタートアップだということを意味しているのです。

 

3. 同じVCに続けて出資を受けてる信頼度の高いベンチャー企業ランキング

 

それでは、同じVCに続けて出資を受けてる信頼度の高いベンチャー企業を、ラウンドに入っているVCの数が多い順にランキング形式で見ていきましょう。