次のステージでのポストバリュエーションが期待大なスタートアップ

今回は、次のステージでのポストバリュエーションが期待大なベンチャー企業の成長の法則について考えていきます。

具体的に、「シリーズAで2億調達してから5年以上経過しているが、従業員が10人以上増えている」について見てていきましょう。

 

 

1. 用語説明「バリュエーション」

 

バリュエーションとは、企業価値評価のことを指します。

簡単に言えば、ベンチャー企業の経営者はVCから資金調達を行う際に、自社の”企業価値をもとに”交渉を行います。

ベンチャー企業がVCと資金調達の話を行うときに考えるバリュエーションには、

「プレマネー(前/Pre Money)」と「ポストマネー(後/Post Money)」の二つがあります。

 

Pre Money Valuation”とは、新規投資がなされる前の企業価値をいい

Post Money Valuation”とは、新規投資によりニューマネー(調達した資金)が入った後の

企業価値を指します。

このように、ベンチャー企業の価値はVCとの交渉により決まっていきます。

 

 

2. Judge100成長の法則
シリーズAで2億調達してから5年以上経過しているが
従業員が10人以上増えている

 

「シリーズAで2億調達してから5年以上経過しているが、従業員が10人以上増えている」ベンチャー企業は

・ここ数年での事業成長率が高い


・魅力的なサービスである

ということが言えます。

 

シリーズAから調達がしばらく期間が空いているベンチャー企業を一見、「あまりうまくいっていないのかな?」と思いがちですが、全てではありません。

資金調達を行わない=調達する必要がないほどビジネスが上手くいっている

ということも言えます。

 

調達をする必要がないほどサービスが順調ということは

次のラウンド(シリーズB以降)で高い企業価値がつく可能性が高い

という見込みがあります。

 

3.シリーズAで2億調達してから5年以上経過しているが、従業員が10人以上増えているベンチャー企業

 

 

株式会社ビズリーチ

株式会社ビズリーチ

2017年12月26日