経常利益から見るベンチャー企業の成長について


成長企業ランキングとは?
ベンチャーキャピタル(VC)の100個の視点で成長するベンチャー企業を見抜く方法=「Judge100成長の法則」をもとに、成長するベンチャー企業をランキング形式で紹介!成長するベンチャー企業を知りたいあなたにおススメ!

 

25歳以下の起業家、経常利益1〜2億円」という基準から成長する見込みがあるスタートアップと言えるのはなぜ?

 

今回は、初めて出てきた“経常利益”というキーワードに注目して成長の見込みがあるスタートアップを見ていきましょう。

 

用語説明 「経常利益」

 

経常利益とは?
企業の損益計算上の利益の一形態です。
経常利益からわかることは、企業全体の強さです。

営業利益とは、少し性質が異なります。

営業利益は、
その会社のサービスやプロダクトの販売・提供といった本業自体の強さを見る時に使用されますが、

「経常利益」はその会社そのものの強さを見る時の指標

となります。

 

Judge100成長の法則
25歳以下の起業家、経常利益1〜2億円

 

25歳以下の起業家、経常利益1〜2億円」のスタートアップは

“利益”とついているので、
経常利益がプラスということは黒字経営だ

ということが言えます。

 

上場の基準は、前の記事でお伝えした通り

「時価総額」というのも関わってきますが、
それ以外に「経常利益」というのも上場においてとても重要なファクターとなってきます。

 

投資界隈で言われているのが、
「上場するには経常利益2億くらい」という基準です。

 

若き経営者が舵をとるスタートアップで、且つ経常利益が億単位で出ているということは

最年少上場の可能性がとても高いということです。

 

これまでの最年少上場記録は、名だたる方々が獲ってきました。

  • リブセンスの村上さん

  • アドウェイズの岡村さん

  • サイバーエージェントの藤田さん

  • CAMPFIREの家入さん

 

起業年齢が下がってきている昨今の日本では、
今後も最年少記録が次々と出てくることでしょう。

 

「25歳以下の起業家、経常利益1〜2億円」のベンチャー企業は?

 

dely株式会社

dely株式会社

2017.10.12