社員一人当たりの時価総額が高いベンチャー企業ランキング


成長企業ランキングとは?
ベンチャーキャピタル(VC)の100個の視点で成長するベンチャー企業を見抜く方法=「Judge100成長の法則」をもとに、成長するベンチャー企業をランキング形式で紹介!成長するベンチャー企業を知りたいあなたにおススメ!

 

今回は、“時価総額”に注目してベンチャー企業を見抜くJudge100成長の法則をお伝えするとともに

社員一人当たりの時価総額が高いベンチャー企業をランキング形式でご紹介します。

 

エブセレ運営者/代表
VCとスタートアップのことをひたすら調べてまとめることが好き。
「成長企業ランキング」を書いている。
スタートアップ界隈で起きたニュースに関してやVCのことへの考察などを書いたnoteはこちら

 

 

 

一人当たりの時価総額が高い」という基準から成長する見込みがあるベンチャーを見抜けるのはなぜ?

 

Judge100成長の法則
社員一人当たりの時価総額が高い

 

「社員一人当たりの時価総額が高い」スタートアップは

・一人当たりの労働の価値が高い=社内優秀な人材が多い

ということを意味します。

*(ちなみに社員一人当たりの時価総額は、ベンチャー企業の時価総額÷社員数で算出しています)

 

社員が優秀なベンチャー企業ほど、今後の動き=新規事業やサービスの拡大に期待できるのは自明です。

 

社員一人当たりの時価総額が高いベンチャー企業ランキング

(日本経済新聞社が実施した「NEXTユニコーン調査」をもとに算出しています。)

 

それではお待ちかねの「一人当たりの時価総額が高いベンチャー企業ランキング」を見ていきましょう!