時価総額100億円以上の上場ベンチャーが集まる場所ランキング


成長企業ランキングとは?
ベンチャーキャピタル(VC)の100個の視点で成長するベンチャー企業を見抜く方法=「Judge100成長の法則」をもとに、成長するベンチャー企業をランキング形式で紹介!成長するベンチャー企業を知りたいあなたにおススメ!

 



今回は「都内で時価総額の高い上場ベンチャーが密集する場所で起業」に注目してベンチャー企業を見抜くJudge100成長の法則をお伝えするとともに

時価総額100億円以上の上場ベンチャーが集まる場所にオフィスを構えているベンチャー企業設立日が浅い順にランキング形式でご紹介します。

 

エブセレ運営者/代表
VCとスタートアップのことをひたすら調べてまとめることが好き。
「成長企業ランキング」を書いている。
スタートアップ界隈で起きたニュースに関してやVCのことへの考察などを書いたnoteはこちら

 

 

 

1. 都内で時価総額の高い上場ベンチャーが密集する場所は?

 

まずは、都内のどこに時価総額の高い上場ベンチャーが集まっているのか。
調べてみましょう!

 

〜調査内容〜
=対象となる上場ベンチャー企業の定義=
マザーズで設立年月が比較的浅く(20年以内)、上場日が2000年以降の企業
かつ時価総額100億円以上(どうして時価総額に注目するの?と疑問に思った方はこちらをCHECK)

 

対象となる上場ベンチャー企業は全部で91社ありました。

それでは、調査結果を見ていきましょう!

 

所在地
渋谷区 17
文京区 1
中央区 7
新宿区 8
港区 23
千代田区 14
品川区 4
目黒区 2
中野区 1
その他 14

 

 

(各企業名、市場、具体的な所在地や設立日がまとめられたスプレッドシートを閲覧したい方はこちら)

 

起業の聖地といえば「渋谷!」というイメージが強いですが、
上場ベンチャーの多くは港区に集まるという結果になりました。
ついで渋谷区。そして、千代田区にも多く集まっていました。

 

 

「都内のスタートアップが集合し、時価総額の高いベンチャーが密集する場所で起業」
という基準から成長する見込みがあるスタートアップと言えるのはなぜ?

 

2. Judge100成長の法則
「都内で時価総額の高い上場ベンチャーが密集する場所で起業」

 

「都内で時価総額の高い上場ベンチャーが密集する場所で起業」したベンチャー企業は

スタートアップとしての環境の良さ
凄腕起業家が多数のコミュニティに属している=つまり、
ヒト・モノが集まっているため、成長が期待できる

ことが読み取れます。

 

 

3. 時価総額100億円以上の上場ベンチャーが集まる場所に
オフィスを構えているベンチャー企業ランキング

 

それでは時価総額100億円以上の上場ベンチャーが集まる場所にオフィスを構えているベンチャー企業設立日が浅い順にランキング形式でご紹介します。