株式会社 百戦錬磨



株式会社 百戦錬磨

 

設立日:2012年6月19日
ステージ:シリーズB
人数:39人(子会社なども含むと70人超)

所在地:
仙台本社=宮城県仙台市青葉区本町2-17-17 田畑ビル3F
東京オフィス=東京都千代田区外神田2-18-20 ナカウラ第5ビル 3F
代表:上山康博
業種:民泊プラットフォーム

調達ヒストリ:
1回目

2014年7月30日 2億円
WiL

2回目

2015年11月6日 非公開
ガイアックス

3回目

2016年4月21日 14億円
AID Partners Capital Holdings Limited、
株式会社海外需要開拓支援機構、京王電鉄株式会社

4回目

2016年4月28日 1000万円
SI創業応援ファンド
(株式会社池田泉州銀行、阪急電鉄株式会社、南海電気鉄道株式会社、池田泉州キャピタル株式会社)

 

VCのアドキャリ

 

「民泊」という今まで日本になかった新しい宿の形を合法に提供できる環境を作っている百戦錬磨。また、3月12日には会計ソフトサービスを展開しているfreeeと提携を組み、「民泊開業freee」のサービスを開始
→ただサービスを作り上げるだけでなく日本の法制度・仕組みを変えていくスタートアップのため、法律に詳しい、さらにはただ詳しいだけでなく、あらゆる事態を想定しながら法制度の構築を行えるだけの詳しい専門性を持った人が必要(あるいは国の制度自体を変えていく会社のため、変わっていく瞬間に携わりたい、新しい法制度の構築に携わりたいと考えている“法律周りの人”も今後のために必要)

今後さらに活発になるであろう「地域復興事業」
全国規模で⾏政、DMO、地元企業などと連携しながら行われている
地域の行政との密なコンタクトを取り、定期的にサービスとして提供できるような人

民泊が増える中で、現状の宿の状況(衛生面、周辺のトラブルなど)を把握し、
改善する必要があるときはすぐに対応出来るよう
利用者から声を拾い民泊場所の設計・改善をするあるいは指示する人
増える民泊をそれぞれ管理する人(対民泊事業者、グループ会社間、社内)

 

 

VCの雑談

代表の上山さんは18歳で起業→事業立ち上げ→35歳ごろ会社に就職→50歳で独立
という面白い経歴の持ち主
もう直ぐしたら60歳になる上山さんだが、同じ年代の人たちと比べると圧倒的「イノベーション」感を持つ
2014年5月に日本法人のAirbnbが東京に設立され、そこから2か月後に資金調達を行えている。(ただWiLはカリフォルニア)そのため、この資金調達を見ていても当時日本には法整備されていない“民泊”への出資を控えるVCや投資家が多かったのではないだろうか。
この点から見ても、新しい市場を開拓する先取りスタートアップと言える。

ガイアックスから出資を受けた2015年、調達した子会社「とまれる株式会社」の代表である三口さんは、ガイアックスの連結子会社が提供するインキュベーション事業の卒業生でもあるらしい。つながりというのはやはり大事ね。

 

企業URL:https://www.hyakuren.org

 

VCは株式会社百戦錬磨のココを見ている

女性に大人気のベンチャー企業ランキング

2018.02.21