株式会社SCOUTER

株式会社SCOUTER

 

設立日:2013年11月1日
ステージ:シリーズA
人数:20人(インターン・アルバイトも含む)

所在地:東京都渋谷区宇田川町2-1 渋谷ホームズ1305
代表:中嶋汰朗
業種:求人サービス「Scouter」

調達ヒストリ:
1回目

2016年1月 非公開

2回目

2016年9月6日 6100万
クルーズ、East Ventures、三菱UFJキャピタル

3回目

2017年5月12日 1.5億円
ANRI、SMBCベンチャーキャピタル、ベクトル、Skyland Ventures、
フリークアウトホールディングス代表取締役社長の佐藤裕介氏、個人投資家数名

 

VCのアドキャリ

スカウターのケア、管理をする
スカウター管理担当、スカウターマネジャー、スカウター育成担当

転職情報のアップデート、正確な情報を提供する
事業マーケティング統括、情報を収集する法人向けサポーター

履歴書のアプデや情報をわかりやすくユーザーに届けるシステム構築のための
フロントエンジニア、UI/UXデザイナー

法務関係に詳しい
リーガル担当者

 

VCの雑談

読者の方も一度は思ったことがあるのではないだろうか。
「この人、〇〇会社の方が合ってるんじゃないかな?」
そして、思う以外にも行動したことがあるかもしれない。
「△△さんが転職したいらしくて、〇〇会社に紹介したいんだけど」

今、人材市場ではリファラル就職・転職というものが流行しており、多くの企業が導入している。
採用の現場では、会う人すべてが初見さん。
企業側は短い採用期間の中で、誰がマッチするだろうと決めていかなければらない。
また、求職者側も短い期間で十分に理解できていない企業側にラブコールを送らなければならないし、よく分からないのに断られるというリスクも背負わなければならない。

そういった人材市場において、「〇〇からの紹介」という風に仲介者がいて、第三者の意見を聞けるのは転職者にとっては非常にありがたいことだ。

通常、このリファラルという活動は水面下で行われていただろう。スカウターはこの水面下で行われていたことをビジネスに変えて、仲介者側にもメリットを提供しているのだ。

職業紹介業は取得に時間がかかり、誰でも取れるわけではない。
しかし、この許認可がなければ紹介業のような行為をすることもできない。

スカウターは、合法的にビジネスとして仲介者でもある人に安心して紹介syてもらえるよう土台を整えたのだ。

スタートアップっぽくない?それが言いたかった

 

VCの物申す

一般ユーザーが企業と求職者をつなぐ、という点において
一歩間違えたり不祥事起きるとすべてがパアになりそうだから
スタートアップが苦手な法務関係、そのあたりの事務作業や確認は念入りにやらんとね。

 

企業URL:https://corp.scouter.co.jp

 

VCは株式会社SCOUTERのココを見ている

資金調達額上位の若手起業家ベンチャー企業ランキング

2017.12.27

 

 

 

 

ベンチャー企業に転職しませんか?

 

ベンチャー企業でキャリアを積みたい
もっと経営全体にかかわる仕事がしたい
少人数規模の会社に入り、一緒に会社を大きくしていきたい

今の会社にいても成長している感覚がない、そう感じているあなたへ。
ベンチャー企業をオススメします。

ベンチャー企業で働きたいんだけど、わからないことがあって…
ベンチャー企業で実際に働いている人ってどういう感じなの?

エブセレは、目利きのプロであり、ベンチャー企業に詳しいベンチャーキャピタル(VC)とともにベンチャー転職したい方の転職支援を行っています。

エブセレに、VCに、今のあなたのベンチャー転職への想いをぶつけてください。